EPISODE 02

非ITエンジニアが取り組むリモートワーク基盤構築の記録

Xiaomi CDQ02ZM USB TypeC 充電器

以前に購入したHPのFolio G1は、動作もキビキビとしてくれているし、モビリティも高いしかなり満足して利用している。

www.episode02.com


ただ、使っているうちに当初の予想通り標準の充電器の使い勝手があまり良くないという課題が出てきている。デスクで使っている分には気にならないけど、サイズが大きいのは仕方ないとしても、持ち出すときにケーブルと充電器本体が一体化されているため、取り回しが煩雑なのだ。せめてMacBookの充電器のようにケーブルが本体と別に持ち運べればより使いやすくなるはずなのにと、Amazonやヨドバシカメラで検索してみたけど、Folio G1で使えたというレビューも見当たらず。

もう少し深堀りして調べてみたところXiaomiのMi Notebook Air用の充電器が転用できたとの報告があったので、ちょうど中国に出張していた友人に頼んで購入してきてもらった。価格は日本円で約2千円。HPの充電器が4500円程度なので半額以下。規格は、5.0V-3A、9.0V-3A、12.0V-3A、15.0V-3A、20V-2.25Aとなっていて、想定通りFolio G1、MacBookともに問題なく充電できている。充電時間については厳密に計測していないけど純正品とほとんど変わらない印象。

f:id:bcorp:20170614233302j:plain


f:id:bcorp:20170614233236j:plain

HPの標準のもとの比べてみるとサイズは一回り小さい。デザインはAppleの充電器と似た感じであっさりとしている。Xiaomi製なので、ノーブランド品よりは信頼して使えそう。ただ付属していたTypeC to TypeCのケーブルはすぐに断線しそうだったため、持ち運びには適さないような感触。

サイズ比較。左上からXiaomi、Apple、Anker、HPのUSB TypeC対応の充電器となる。MacBook用とHPの純正充電器の中間くらいのサイズ。

f:id:bcorp:20170614233410j:plain

ついでにUSB TypeCからLightning端子と、mincoUSB、USB TypeCを同時充電できるとされていた3つまたケーブルも買ってきてもらった。

f:id:bcorp:20170614233545j:plain

残念ながらこのケーブルを使ったUSB TypeCの充電はMacBook、HPともに充電されず。iPhone、iPad、モバイルルータは特に問題なかったが、3つの機器の同時充電はさすがに欲張りすぎか。

f:id:bcorp:20170614233519j:plain

ケーブルを2本持ち歩く必要があるとは言え、ひとつの充電器でPC、MacBook、iPhone、iPad、その他microUSB対応機器の充電ができるのはありがたい。現状ではサイズ、取り回し、価格ともにベストな充電器だと思われる。

HP EliteBook Folio G1

MacBookを購入して数か月しか経っていないが、色々あって、そろそろWindows10も真剣に検証してみたいという思いが強まり、HPのラップトップ EliteBook Folio G1を購入した。Windowsのラップトップに関してはSurface3を使っていたが、今となっては過去のものという意識があったことと、特定のメーカに思い入れもないため、本体は軽くて薄いことという条件で、万が一困ったことも考慮し、それなりに信頼できるメーカという条件で選択した。

f:id:bcorp:20170517231441j:plain

発売から1年近く経過しているが、メイン用途を想定しても必要十分と思われる構成で若干のカスタマイズを行って発注。

仕様

  • CPU:インテル® Core™ M5-6Y54プロセッサー(1.1-2.7GHz/4MB)
  • OS:Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
  • 液晶:12.5インチワイド フルHD液晶ディスプレイ(非光沢)
  • メモリ8GB (LPDDR3、オンボード)
  • ドライブ:256GB SSD (PCIe Gen3x4 NVMe)
  • ワイヤレス:インテル® IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2x2) + Bluetooth 4.2
  • キーボード:日本語配列キーボード (バックライト対応)

f:id:bcorp:20170517231513j:plain

f:id:bcorp:20170517231522j:plain

4Kディスプレイモデルもあったが、バッテリーライフと、タッチパネルは不要と考えての構成。カタログ仕様上はメイン機として利用しているMacBookとOS以外で大きな差分はないので、それなりに動くだろうという推測と、購入前にざっと検索してレビューを見てみたが、おおむね好評だったことも選んだ理由の一つに入る。価格は19万円程度なのでWindowsのラップトップとしては高額な部類に入るのだろう。MacBookと比べても2割程度高い。発注してからの納期はGWの影響もあったため2週間程度だった。

開封してみた第一印象は薄くて軽いが、剛性感はありモバイルで利用するに信頼できそうな感触。

サイズ、重量

サイズは292×209×12.4mm、重量は970gでモバイル用途のラップトップとしてはまったく不満はない。毎日カバンに入れて持ち運んでも苦にならない1㎏以下というのをよくわかっているなと。

CPU

i7やi5ではなくCore M5となっている。MacBookで十分実用になることは理解していたので不安はなかった。実際にOffice系、ブラウジング、メール、Photoshop程度ではストレスは全く感じない。動画の編集やRAW現像、ゲームはそもそも想定用途にないので未検証。

液晶

非光沢液晶を選択したため、不快な映り込みなどは感じられない。解像度はFullHDとなっていてMacBookの2,304 x 1,440より劣るが大きく違和感を覚えるようなことはなさそう。 ヒンジが180度開くことによる想定されるユースケースをよく理解していなかったが、テーブルやデスクがない場所(ソファーやベッド)などで自由に液晶の角度が変えられるのは意外に快適だった。180度開いた状態で、表示の反転もできるので向かい合った相手に画面を見せるといった使い方もできる。使ったことないけど。

f:id:bcorp:20170517231906j:plain

メモリ

当然多いに越したことはないが8GBあれば当面不足を感じることはなさそう。上述した通りヘビーな使い方はしていないが、メモリが原因で動作が怠慢に感じるようなことはない。

SSD

これはより高速なPCIe Gen3x4 NVMeの256GBを選んだ。デバイスマネージャーを見ると「SAMSUNG MZVPW256HEGL-000H1」と認識されている 。OSやアプリケーションの立ち上げは快適で、読み込み、書き込み速度にはまったく不満は感じさせない。あえて比較する必要もないと感じる。電源OFF状態から起動まではiPhoneやiPadなどのスマートデバイス系よりも高速といえばわかりやすいか。

USBポート

MacBookはUSB TypeCのポートが1つだけだけ。Folio G1は2つのポートがあるので拡張性の観点では若干有利かも。いずれのポートも充電が可能だけど残念ながらMacBookの充電器はFolio G1には利用できず。逆は可能。AnkerのPowerPort+ 5 USB-Cで試してみたがこちらもエラーで充電できず。今のところ純正以外では難しいような印象。もう少しTypeCの周辺機器が充実してくるまでは純正の充電器を持ち運ぶしかなさそう。さらに残念なことに純正の充電器のサイズが大きいのと、ケーブルが一体化されているため、持ち運びはかなり不便。

f:id:bcorp:20170517232347j:plain

クリックパッド

MacBookでいうところのトラックパッド。これは期待していなかったけど予想通りMacBookトラックパッドには及ばず。ジェスチャーの充実など努力をしているのはわかるが、MacBookのトラックパッドのように吸い付くような感覚では使えない。Windowsの問題なのか、メーカのチューニングの問題なのかよくわからないけど、実質の運用はマウスの利用が前提か。

f:id:bcorp:20170517231929j:plain

バッテリーライフ

カタログ上は11時間ということだったが、体感では半分以下。液晶輝度をうまく使っても1時間で20%程度は消費していく。安心して丸一日ヘビーに使えるということにはならないはず。この辺もMacBookが有利な点。

キーボード

特に違和感なく使える。特殊な配列というわけでもなく、カーソルキーもMacBookの使いにくい位置にあるわけでもない。長時間打ち込んでも疲れないキーボードという認識。バックライトもついているが環境センサと連動しているようではないようで、常時点灯もしくは消灯となってしまうのは残念な点。

f:id:bcorp:20170517231951j:plain

全体的に満足度は高いけど、OSの違いは別として価格と使い勝手を考えたらMacBookが1歩も2歩も先を行っているかなと。ただMacBookの完成度が非常に高いだけで、その他のWindowsラップトップと比較したら相当良い位置につけているとは感じる。Surface3と比べたら圧倒的に使い勝手は良い。

まだ使い始めて数日しか経っていないのでレビューとまではいかないけど第一印象だけメモしておいた。これからいくつか設定をしていくので、OS観点でも気が付いたことをエントリしていきたい。

iPhone 7レザーケース - (PRODUCT)REDのエイジングと裸使いとキャップレス万年筆マットブラック

昨年の11月にiPhoneと同時購入したアップル製のiPhone 7レザーケース - (PRODUCT)RED。4ヶ月近くiPhoneから取り外すことなく日々使ってきた。

アップルのウェブサイトでの商品説明によると

Apple製のこのケースは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーを使っているため、外側は柔らかな手触りがあり、時とともに自然な風格が加わります。

とのこと。

で、本日の状態がこれ。

f:id:bcorp:20170311122620j:plain

f:id:bcorp:20170311122634j:plain

参考までに約3ヶ月前の状態がこれ。

f:id:bcorp:20170311122647j:plain

「時とともに自然な風格が加わった」というより、単純に黒ずんでいるだけといった印象。革クリームでケアしてみたが綺麗になるような感触もなく。こういう感じのエイジングは好みでないことから、思い切ってケースを使うのはやめてiPhoneは裸で使うことにした。

久しぶりに素のiPhoneを触ってみたけど、金属の感触が心地よい。ブラックの色合いと持った感触が何かに似ているなと思ったら、キャップレス万年筆のマットブラッックと色合いも感触もそっくりということに気がついた。

f:id:bcorp:20170311122702j:plain

なかなかいい感じの組み合わせだったので、久しぶりにキャップレス万年筆を使い始めた。これはこれで機動性、実用性が高いということを改めて認識。モンブランの146と比べて、ペンのデザインは無骨な感じだけど、ボールペンに近い使い勝手と万年筆の書き味を得られるというメリットは大きい。デメリットはその利便性の高さから他のペンを使わなくなってしまうことか。

コンバータを使ったインクの補充でもいいけど、せっかくカートリッジも使えるので、パイロット純正のブルーブラックも購入。しばらくモンブランの万年筆は休ませて、キャップレス万年筆とiPhoneの裸使いの組み合わせで使っていきたい。