EPISODE 02

モバイルワークを試行錯誤するブログ

iPhone XS Maxの充電時間整理

iPhoneの充電環境がカオスになりすぎているので、今の環境と充電時間を整理してみた。充電時間は数%-100%になるまでの、おおよその時間。出力は最大値を採取していて、充電された容量によって変化するけど、その辺は厳密に記録していない。

iPhoneはWi-Fi,LTE,VPN,Bluetooth(Apple Watch 3)には接続済みで、当然PUSH通知も来るし、充電中に使ったりもしている。適当な検証方法だけど割と普段の使い方に沿っているはず。

充電の組み合わせと重電に利用した機材は以下の通り。

ACアダプタ ケーブル 最大出力 充電時間
1 USB電源アダプタ Lightning USB 5V/1A=5W 3.5H
2 Quick Chage3.0対応アダプタ Lightning USB 5V/1A=5W 3.5H
3 Apple 12W USB電源アダプタ Lightning USB 5V/2A=10W 2.5H
4 Power Delivery対応アダプタ USB-C to Lightning 9V/2A=18W 2H
5 Qi対応ワイヤレス充電器 USB-A to C 9V/0.83A=7.5W 3.25 H

ACアダプタ

1. USB電源アダプタは、iPhone付属のもの
2. Quick Chage3.0は、Omars APS-KI013W6-G
3. Apple 12W USB電源アダプタは、iPad Pro 10.5付属のもの
4. Power Delivery対応アダプタは、Huawei MateBook E付属のHuawei HW-200200JP0およびMacBook付属のApple 30W USB-C電源アダプタ
5. Qi対応ワイヤレス充電器は、ELECOM W-QS02と2.のACアダプタ

ケーブル

1〜3は、iPhone付属のLightningケーブル
4はApple USB-C to Lightningケーブル
5はワイヤレス充電器付属のUSB-A to Cケーブル

*USB-C to LightningケーブルはApple純正を利用しないと高速充電不可。

高速な順に並び替えると、

1. Power Delivery対応のUSB-C ACアダプタとUSB-C to Lightningケーブル
2. Apple 12W USB電源アダプタとLightning USBケーブル
3. 7.5W対応のワイヤレス充電機とQuick Charge 3.0対応ACアダプタ、ケーブル
4. iPhone付属のACアダプタと、Lightning USBケーブル
5. Quick Chage3.0対応のACアダプタと、Lightning USBケーブル

Power Delivery+USB-C Lightningの組み合わせが最も高速なのは想定通り。意外にもサードパーティ製のワイヤレス充電器がiPhone付属のACアダプタで充電するよりも短時間で充電が完了していた。もう少しロスがあってもいいかなと思っていたけど、Qiの充電効率は優秀な印象。iPhoneはQuick Chagegeに未対応だけど、一応5V/1Aで充電は可能。ただしiPhone付属のACアダプタ並みに時間がかかるので、緊急時以外は使いたくない。

どんな使い方がベストか

普段の使い方としては出かける1時間くらい前にPower Deliveryに対応した充電器を使って充電し、会社のデスクではワイヤレス充電を、出先ではPower Delivery対応のモバイルバッテリーとUSB-C to Lightningケーブルを使った高速充電というのが最も使いやすいかもしれない。

費用の観点

ただPower Delivery(9V/2A)対応のACアダプタとAppleのUSB-C to Lightningケーブルを揃えると少なくとも5,000円程度の投資が必要なので、その辺をどう考えるかは難しい。iPad Proを使っていれば付属のACアダプタとLightningケーブルを併用することでPower Deliveryとまではいかないけど、高速な充電ができる。実用的な充電速度かつ追加投資が不要。

つまり、
Power Deliveryで2時間程度の高速充電が必要な場合は、
9V/2A対応のACアダプタとUSB-C Lightningケーブルで5000円程度の追加投資が、

今までのiPhoneと同等の充電時間(2.5時間程度)で許容できる場合は、
iPad Proの12Wアダプタ(1800円)の追加投資、

ワイヤレス充電が必要な場合は、
ワイヤレス充電器と対応のACアダプタ(3000円〜5000円)程度の追加投資が必要になる。

ワイヤレス充電

充電時間は別として、最もストレスがなかったのがやはりワイヤレス充電。充電器を立てて使えば、顔とiPhone本体が正対するので、FaceIDと連携してロックが掛かっていないかのような使い勝手が実現できる。ただ本体を横にして充電を行うとFaceIDは認識しないので、動画を見たり、PowerPointなどの資料を見たりしている時にロックがかかると面倒な感じ。

参考

OmarsのUSBC モバイルバッテリー10000mAで、充電した結果は以下の通り。

充電方式 最大出力 充電時間
1 USB-C Power Delivery 9V/2A=18W 2H
2 USB-A充電 5V/2A=10W 2.5H
3 Qi対応ワイヤレス充電 9V/0.8A=7.2W 3.25 H

当たり前といえば当たり前だけどACアダプタを利用した際とほぼ同じ出力と充電時間が得られた。また上記モバイルバッテリーは、パススルーに対応していないためPower Deliveryで充電しながらワイヤレス充電は出来なかった。

色々なケーブルを着けたり外したりしていて気になったのはバグなのか仕様なのかわからないけど、画面がスリープ状態の時にLightningケーブルを挿しても充電が始まらないこと。この点は結構ストレスを感じるので、早急に改善して欲しい。

iOSのメモ.appでメモ間のリンク

iOSのメモアプリでメモ間のリンクを設定する方法。最近またiOS、macOSのメモアプリを積極的に使っているので。ユースケースとしては、個別メモに飛ばす目次みたいなもの。

個別メモにURLを設定して、目次にしにしたいメモに貼り付けておくだけ。考え方としてはEvernoteのノートリンク機能に近い。

利用するための前提は、対象のメモがiCloudに同期している必要がある。メモ.appには他人とのメモの共有機能があるのだけど、これを自分だけに共有するイメージ。

使い方は簡単で、URLを取得したいメモを開いて

・共有アイコンをタップ

・リンクをコピーをタップ

・再度リンクをコピーをタップ

https://www.icloud.com/notes/0uvLG2u4xxxxxxxxxxxxxxxxxx

すると上記のようにiCloudから発行されたリンクがクリップボードにコピーされるので、それを目次にしたいメモにペーストする。

これだけ。相互にリンクしておけば行ったり来たりも楽。

メモアプリやノートアプリは色々試したくなるけど、実は純正のメモ.appは地味に進化していて使いやすい。なにせ11年実績のあるアプリなので、継続性の観点では最も安心して使える。ノートやメモはもうこれだけでいいかなという印象。

エントリーとはあまり関係ないけど、macOS Mojaveのナイトモードでメモ.appを使うと新しいアプリを使っている感覚で結構楽しい。

iPhone XS MaxとELECOM W-QS02でワイヤレス充電を試す

2年間使ったiPhone 7のバッテリーも怪しくなってきたので2018年のiPhoneに機種変更するのは決めていたけど、出張やら旅行やらで忙しくしていたらあっという間に夏が過ぎ気がつくとiPhoneの発売日に。

予約もしていなかったけど、発売日当日に無事に購入することができた。選んだのはiPhone XS Maxのゴールド。サイズはせっかくなので、買い替えた感を味わうためMaxを。色はなんでも良かったけど、在庫があったからという割と消極的理由でゴールドにした。

ストレージは今まで使っていたiPhone 7が128GBだったけど、実際に消費しているのが25GB程度だったため64GBにした。ただiCloudの容量は2TBを購入しているので、当面不足するようなことはなさそう。

同時に純正のシリコンケースと、AppleCare+ for iPhone、そしてELECOMのワイヤレス充電器W-QS02BKを購入。合わせてお値段約16万円程。流石に高すぎるような気もするけど、そこは安心のiPhoneなので、16万円以上の働きはしてくれそうな気はしている。

第一印象はやはり画面の大きさ。コンテンツへの没入感がiPhone 7と比べて圧倒的なので、何をするにしても作業は捗る気がする。フルHDのモニタから4Kモニタに変更した時のような感覚。かと言ってポケットに入らなかったり、操作しにくかったりといようなこともない絶妙なサイズ感。

ということで、投資した16万円を回収するため、今週はiPadやMacは使わずにMaxを中心に意識して仕事で利用してみた。

まず試したのがスタンド代わりに購入したELECOMのW-QS02BKというワイヤレス充電器。選んだ理由は、

入力ポートがType Cであること、

持ち運びが容易であること、

ランドスケープモード、ポートレートモードで利用できること

入力に関しては、この手の商品は未だにmicro USBの採用が多いみたいだけど、さすがにこの時期にmicro USBを搭載したものは増やしたくないというのがある。

持ち運びについてはキーボードと一緒に持ち運ぶことで、iPad Pro並みに長文を書くのが苦にならないという想定で。

当然縦位置だけでなく横位置で充電できた方がユースケースの選択肢が増えるのでこちらも条件に入れた。

電源関係については入力は5V/2Aと9V/2AのQuick Charge 2.0以上に対応となっていて、残念ながらPower Deliveryは非対応。試しにPower Deliveryに対応したACアダプタにC to Cのケーブルで接続してみたけど無反応で充電できず。

Quick Charge 3.0対応のOmars USBC モバイルバッテリー10000mAhでUSB A to Cで接続してみるとこちらは9Vで出力している。

ただし、2Aまでは到達せず、概ね0.8A程度=7.2W程度の入力となっていた。まあスタンドの代わりというのが購入した目的で、高速充電には期待していなかったのでこれはこれでよし。心配していた純正のケースをつけたままでも問題なく充電可能。

ただしモバイルバッテリーで充電すると10000mAhあっても実際に充電できるのは2回程度となるので、ケーブルを使った充電に比べてロスは大きいので、充電効率は悪い感触。

充電時間は標準添付されている5WのACアダプタを使うのと同程度。iPhoneを使いながら1%から満充電すると3時間近く掛かるのは辛いので、自宅ではPower DeliveryとUSB C to Lightningケーブルを使って18Wで高速充電しておき、 オフィスや出先ではモバイルバッテリーに接続して継ぎ足し充電という使い方がいい。

外付けのBluetoothキーボードと組み合わせて使うとFace IDで認証してくれるので、iPhoneを触ることなくキーボードの任意のキーを叩くだけでロック解除できるのは、指紋認証に比べて使い勝手が良くなったところ。

会議中でも違和感なく資料を表示できるし議事メモも取りやすい。欲を言えばSplitViewが使えると更に便利になるはず。

Qiワイヤレス充電器 W-QS02BKメーカーサイト

http://www2.elecom.co.jp/products/W-QS02BK.html