EPISODE 02

モバイルワークを試行錯誤するブログ

ThinkPad X1 Carbon 2018

2年ほど前に購入したHPのラップトップEliteBook Folio G1 だけど、バッテリーが2時間くらいしか持たなくなってしまったので、買い替えを検討していた。最近PCやスマートフォンの買い替えるタイミングってスペックに不満が出てきたというより、バッテリーが持たなくなったという理由が大きい気がする。

HPのラップトップは結構使い勝手が良かったので、後継機でいいかなとHPのWebサイトを見てみると、Folio G2とかG3といった機種は発売されていない。仕方がないのでいくつかのメーカのWindows 10ラップトップを見てみるけど、ピンとくるのがない。条件としては、

ディスプレイサイズが13インチ前後、

液晶は非光沢フルHD以上の解像度、

まともなキーボードを搭載、

1㎏前後の重量、

と、あまり贅沢を言っているつもりはないのだけど条件を絞っていくとほんの数機種になってしまう。国内メーカも海外メーカも、光沢液晶だったり、入力が疲れそうなキーボードだったりと所謂レガシーなラップトップは流行っていないのか。用途はエディタでコードを書くこと、ブラウジング、オフィスアプリの編集程度で、動画とか写真の編集をしたりゲームをしたりという使い方はしない。

最終的にDELLのXPS 13とlenovoのThinkpad X1 carbon、X280に絞り込んで実機を確認し、最もキーボードが好みだったThinkPad X1 carbonを選択。直販サイトで約17万円と想定した予算より安めに収まった。購入前に次期X1 carbonも発表されていたけどスペックに大きな変化もなさそうで、発売日も未定なので現行世代を購入した。

f:id:bcorp:20190309165633j:plain

発注したスペックは以下の通り。

● インテル Core i5-8250U プロセッサー (1.60GHz, 6MB)

● Windows 10 Pro 64bit

● 8GB LPDDR3 2133MHz Soldered

● 256GBソリッドステートドライブ (M.2 2280, NVMe) OPAL対応

● 14.0型WQHD液晶 (2560x1440 IPS 300nit) 光沢なし

● 指紋センサーあり

● 日本語キーボード (バックライト、指紋センサー) ブラック

● WWAN対応 Fibocom L850-GL

● WLAN+WWANアンテナ

● インテル UHD グラフィックス 620

価格、納期

購入したのはLenovoの直販サイト。納期や購入金額が毎日変化するので買うタイミングが難しい。あれこれ悩むといつまでも買えなくなるので購入を決めたときに買ってしまうのがベストかもしれない。

納期は国内の米沢生産モデルと中国生産モデルがあったけど、今回のCTOでは中国生産モデルで、決済完了後12日で到着した。1か月くらいを想定していたので以外に早く届いたかなといった印象。

インプレッション

CPU

CPUは第8世代のCore i5-8250U、4コア、8スレッドと必要十分どころかオーバースペックな気がするけど、選択肢の中では最低のスペックだったのでこれを選んだ。実際に使ってみてもCPUリソースが不足する場面は見られなかった。バッテリの節約機能をONにして使ってもパフォーマンスに不足を感じることはないので、4K動画の編集やRAW写真編集、ゲームをしないようであれば不満を感じることはなさそう。

メモリ

メモリは16GBに変更するか迷ったけど、今使っているラップトップで8GBを使い切るようなことはなかったので、8GBを選択した。たまにタスクマネージャで使用量を確認してみても最大で6GB程度しか使っていないので、メモリ不足は心配していない。

ストレージ

ストレージ容量は256GBのM.2 2280, NVMeを選んだ。当初は128GBにして不足した時点で換装することも検討したけど作業が面倒な気がしたので、256にした。256GB以上であればNVMeを選択できるので書き込み、読み込みとも高速になる。

f:id:bcorp:20190309165546j:plain
ベンチマーク

モニタ

モニタはFHDとWQHDが選択可能だったので欲張ってWQHDを。非光沢を選択したので、ギラギラした感じがないし、映り込みも少ないので、作業に集中できる。光沢液晶はスマートフォンやタブレットで使うのが向いている気がする。

解像度についてはWindows10のスケーリングも実用的になってきているので、普段使うアプリケーションで、レイアウトが乱れるようなことはない。スケールは125%で使っているけど、エディタでフォントが印刷物のように見えるのは本当に気持ちが良い。ブラウザのフォントはデフォルトではアレなので、Noto Sans JPに変えるとMacやスマートフォンのように美しいフォントで表示されるので、是非変更しておきたい。

LTE

ThinkPad X1 CarbonはLTEモデムをconfigurationできるので、移動が多いのであれば選択しておくと、PCの使い勝手は大きく向上する。スマートフォンでは当たり前だけど、場所を問わずOSが立ち上がった瞬間からインターネット接続されているのは、快適そのもの。以前にもSurfece3のLTEモデルを使っていたけど、モデムが不安定だったため、快適というよりむしろイライラすることが多かったが、X1 carbonのモデムは非常に安定しているので、接続できなかったり切断されたりということはない。

SIMはmicroSIMなので、iPad Proで利用していたソフトバンクのSIMを入れて使っている。電車や新幹線の中でも安定して使えているし、テザリングでスマートフォンのバッテリーを消耗したりWi-Fi難民になるようなこともない。当然SIMフリーなので海外でも現地のSIMさえ調達できれば国内と同じように常時接続で利用できるはず。

筐体

本体サイズは13インチ相当なのだけど、今はやりの狭額縁なのでディスプレイサイズは14インチ。今まで使っていたHPは12.5インチだったのでフットプリントは若干大きくなるため、新幹線や飛行機の普通席、狭いカフェなどでは窮屈に感じることもある。 外観はThinkPadのそれ。特別薄さをアピールするようなデザインでもなくMacBookのようにスタイリッシュという印象はないけど、なぜか古臭さも感じない。悪目立ちせず完全に実用性に振り切ったデザインなので、出先で使うのに躊躇うようなこともなさそう。ThinkPadのiの文字が赤色のLEDで転倒するのが唯一のポイントか。

f:id:bcorp:20190309165549j:plain

カーボンかつ黒のボディのせいで指紋や手の脂が目立つのが気になるところ。使い終わったら軽くメガネ拭きで拭き取れば消えるので、小まめに清掃している。

拡張性

今時のラップトップはUSB Type-Cのポートだけというのが主流っぽいけど、X1 CarbonはUSB Type-Cが2ポートの他にフルサイズのHDMIポート、USB-Aポートが左右に1つずつとレガシーなポートも搭載されている。自宅でもオフィスでもUSB-Cのアダプタ経由で各中編機器に接続しているので恩恵は少ないけど、会議室などのプロジェクタとかモニタは意外にType-Cの普及が進んでいないので、ドングル持ち歩くことがなくなったのはありがたい。電源を入れていないときでもType-AポートからiPhoneの充電できるので、PCをモバイルバッテリー的に使うこともできる。

f:id:bcorp:20190309165604j:plain

キーボード

ThinkPadを購入するのは初めてだけど、想像していたより遥かに打ちやすいキーボードだった。

f:id:bcorp:20190309165653j:plain

ThinkPadは少し前までごちゃごちゃしたキーボードという印象だったけど、X1 Carbonはすっきりしている。MacBook、MacBook Proのキーボードはいつまで経っても慣れないけど、このキーボードは一瞬で慣れた、というか昔の打鍵間を取り戻した感じ。久しぶりに剛性感のあるラップトップキーボードに出会えた。静音性もかなり高いレベルで設計されていて、会議中や静かなオフィスでも全く気にすることなく使えると思う。バックライトも搭載されているのでホテルや飛行機など薄暗い場所でも快適に使えるはず。

打鍵感を求めていくつかの外付けキーボードも使っているけど、場所によってキーボードを変更すると自分のコンテクストスイッチも切り替えるなければいけないので、そのコストを考えるならばすべての作業をこのキーボードで行ったほうが良さそう。今は外付けディスプレイを使っている時でも外付けのキーボードを使うことはなくなった。

トラックパッド、トラックポイント

f:id:bcorp:20190309165707j:plain

WindowsラップトップのトラックパッドはMacBookに比べて小さいし精度も良くないので今まで積極的に使ってこなかったけど、X1 Carbonはかなり実用的。サラサラしてて触れた感じも嫌じゃない。もうマウスは持ち歩かなくてもいい。

トラックポイントについては真剣に使うのは初めてだけど、まだ全然慣れない。本当はもう少し活用できるかと思っていたけど、トラックパッドの使い心地が良いのでついついトラックパッドを使ってしまっている。とはいえせっかくThinkPadを購入したのでトラックポイントは是が非でも自分のものにしたいところ。

f:id:bcorp:20190309165723j:plain

バッテリー

カタログスペック上は11時間とかうたわれているけど、実際にはそんなに持たない。Lenovo Vantageというアプリでバッテリーの管理ができて、80%に抑えるような設定ができるので常時80%を上限としてバッテリーを充電している。そのまま外出してLTEに接続し続けている状態でおおむね5時間~6時間程度か。液晶輝度を60%以下にしてバッテリー節約機能をONにすると7時間くらい使える。

試しに先月発売された窒化ガリウム採用のAnker PowerPort Atom PD 1でも充電したところ、給電はできた。出力が30Wとあまり大きくないけどAirPodsと変わらないサイズ、本体とケーブルを合わせても60g台。緊急用と割り切ってこれをカバンに放り込んでおいてもいいかもしれない。

f:id:bcorp:20190309165733j:plain

普段の充電は付属のACアダプタは取り回しが面倒っぽかったので、化粧箱からも出していない。代わりにPD対応の汎用ACアダプタを使ってType-Cポートから充電しているけど、特に問題なく認識して充電もできているので、この辺はPowerDeliveryのメリットか。さらにモバイルバッテリーによっては、給電も出きるっぽいけど、あまりにも重いので一緒に持ち運ぶようなことはしていない。ただ災害時や電源ポートがない国際線飛行機に搭乗するような時に、非常手段として使えるというのは認識しておいて損はないと思う。

Windows Hello

生体認証として顔認証と指紋認証が選択できるけど今回は指紋認証を選択した。ログイン時の反応に不満を持つような速度ではなく、一般的なスマートフォンと同じくらいの精度で認識してくれる。

f:id:bcorp:20190309170227j:plain

Apple Watch + MacBookのログインが最も理想的だと思うけど、指紋認証でも十分快適。iPhoneやスマートフォンと違って再起動時にも指紋認証でログインできるのは結構便利。

重量

1.1kgは13インチクラスのラップトップとしてはごく普通のレベル。700g~800g台といったラップトップもあるけど、搭載される拡張ポートの数が少なかったり、バッテリー容量が少なかったり、ドングルやマウスを持ち運ぶことを考えれば、X1 Carbonは同じくらいの重量かそれ以下になり、結果としてカバンに入れる物の数と重量が減る。

設定

最近は旧PCでバックアップして新しいPCで復元といった作業もなくほとんどクラウド経由となるので、移行作業は効率的。ブラウザとOfficeアプリのインストール、SIMのAP、VPNの設定、会社のセキュリティ設定をしたくらいか。余計なプリインストールアプリもなかったので、アンインストール作業は不要だった。結局2時間もかからず環境は戻せた。

キーボード関連の細かい設定はCapsLockをCtrlに、無変換キーをIME OFF、変換キーをIME ONEにした。IMEも以前はGoogle IMEを使っていたけどMicrosoft IMEでも不自由なさそうなので今後はこっちを使っていく予定。できるだけデフォルトのまま使った方が後々まで快適に使えるはず。

ファン

X1 Carbonはファンレスではない。普段はほとんど気にすることはないけどCPUが高負荷になったときに急に動き出す。

f:id:bcorp:20190309165620j:plain

音はあまり気にならないけど、熱風が本体右側から結構な勢いで出てくるので、マウスを右手で使うと気になるかもしれない。

スリーブ

今まで使っていた13インチ用のスリーブにはギリギリ入らなかったので、とりあえずAmazonベーシックの14インチスリーブを使っている。これはこれで若干大きい気はするけど、軽量、700円と格安だったのでしばらく使って様子を見ることにする。

全体

久しぶりにWindowsラップトップを購入したけど、全体的に満足できるPCだと思う。特に快適なキーボード、高解像度のディスプレイ、SIMフリーのLTE接続、持ち運ぶのに重過ぎない重量、拡張性の高さなど派手さはないけど、実用性を重視するには最高のPCではないだろうか。

普通にお店に行って持って帰ってくるとか、購入金額が変動するのでいつ買えばいいのかよくわからないのは、不安だったりするけど、特にトラブルもなく到着しているので結果として杞憂に終わった。結局使い始めてしまえばそんなことは忘れてしまうので。

LINE MOBILEの契約をしてみる

先日からiPhone XS Maxと一緒にiPhone 6を使い始めているのだけど、やはりiPhone 6にもSIMを入れておいた方が使い勝手の面でよさそうな感じなのでMVNOのSIMを追加することにした。

iPhone 6はソフトバンクのSIMロックが掛かっているので、アンロック手続きをして、手持ちのドコモ系MVNO (BIGLOBE)の SIMを入れればいいかなと軽く考えていたけど、アンロックする段階で実はiPhone 6はアンロックの対象外機種ということを思い出した。

それではと、iPadで使っているソフトバンクのSIMを入れてみたところ、残念ながらこちらもアクティベートできず。手持ちのSIMではどうにもならなそうなので、ソフトバンク系のMVNOを検討することに。

ざっと検索したところいくつかソフトバンク系のMVNO事業者があるこ。その中でiPhone 6の動作確認が取れていて、かつデータ通信+SMSに対応、通信容量は1GB/月程度、基本料金が1000円以内という条件で絞っていくと、ちょうど良さそうなのがLINE MOBILEになった。と言ってもデータ通信プランであれば、契約縛りも厳しくないので使い勝手が悪ければすぐに解約してもいいかなという考え方で適当に選んだだけ。

手続きについてはデータ通信契約なので、クレジットカードだけ用意すればWebから数クリックで契約できるのだろうと簡単に考えていたけど、実はMNOより契約するのは面倒だった。

今回手続きした手順は以下のとおり。

1.Amazonでエントリーパッケージを購入する(所要日数2日)


これは契約事務手数料が割引になるパッケージ。届くのはコードだけだけど、何故かメールでもなくダウンロードでもなく、郵送で届く。なんらかの意図があるのかは不明な謎仕様。

2.LINE MOBILEのWebサイトからエントリーパッケージに記載されたコードと必要事項を入力する(所要時間5分)

LINE MOBILEのWebサイトから1で届いたコードを入力する。当然手作業での入力。

3.料金プランを選択する (所要時間5分)

いくつか料金プランが選択できるけど、今回はデータ通信+SMSのプランを選択した。月額費用は620円。

4.本人確認書類をアップロードする (所要時間2時間)

実は最近引っ越したばかりだったので、運転免許証が現住所に書き換えできておらず、パスポートで申請した。パスポートは補助書類(公共料金の領収書)が必要とのこと。こちらも引越し手続き中だったので、慌てて請求書をコンビニに持っていって支払い。iPhoneで各書類の写真を撮影してアップロードした。

データ通信プランは本人確認書類が不要という認識だったけどLINE MOBILEは何故か必須書類。IIJなど事業者によっては不要なので、書類関係の処理は違和感があるが、どうなんだろう。

5.SIMの到着を待ってアクティベートする(所要時間3日)

4の手続き日が日曜だったことが影響してか手続き完了の通知が来たのが月曜の午後で実際に到着したのが火曜日。マイページで開通の手続きをして作業は完了。Amazonでの購入からSIMのアクティベートまでトータル4日間だった。

申し込みからSIMの発送までの全ての工程がAmazonで完結すれば翌日到着するような気がするけど、頻繁に契約するようなものでもないので、まあいいかなと言った感想。

SIM自体はソフトバンクのものをそのまま使っていてLINE MOBILEのロゴが入っているようなことはない。

あとはSIMをiPhone本体に入れてAPNを設定すれば普通に使えるようになった。

エリアと通信速度

普段使っているキャリアがソフトバンクなのでエリアに関しては特に問題はなさそう。2台持っていても両者に差分があるようには見えない。

通信速度は、同じ場所時間で計測するとMNOソフトバンクの概ね半分くらいの速度。速くはないけど、普通にインターネットに接続する分には問題になることはなさそう。YouTubeも1080pまで途中で止まることなく観れた。

データ通信容量

スピードテストとかYouTube動画の再生検証とかしてたらあっという間に500MBを超えてしまったので、メインの端末でで使うにはあまりにも心許ない。あくまでもサブ機の位置付けという前提で使うのがいい。

まとめ

それにしてもスマートフォンの買い替えサイクルが長期化したとはいえiPhone 6でもiOS12にアップデートすることで息を吹き返したかのようにサクサク動き出すのには驚く。iOS12とiPhone XS Maxのような最新機種で使うのももちろん良いけど、用途によっては数年前のiPhoneでも十分実用になる。ロードバイクとママチャリ2台持ちみたいな。

しばらくこの体制で使って見るけどもしかするとメインとサブが入れ替わってるということになるかもしれない。

iPhone2台持ちというソリューション

iPhone XS Maxをしばらくの間使っていて基本的には満足しているけど、全てが完璧という訳でもなくいくつ気になる点もな部分も見えてきた。

大きさや重量はともかくとして、最も気になるのがマルチタスク的な作業をするとき。YouTubeを観ながらブラウジングしたり、過去メールを参照しながらメールを書いたりするのはストレスフル。

そこで、iPad Proを購入した時に何故か無料で付いてきたPhone 6を引っ張り出してきて2台持ちにすることに。

関係ないけどiPhone 6のスペースグレイって今見るとかなり自分好みの色なのでケースは使わずに裸で使っている。AndroidとiPhoneの2台持ちが色々遊べていいんだろうけど、連携の観点からは同じOSの方が使い勝手はいい。

通信環境をどうするか悩んだけど、やっぱりSIMが入っていた方が何かと便利なのでMVNOのデータSIMを契約することにした。まだSIMは到着していないけど。

自宅やカフェではだいたいこんな感じで使っていてMagic KeyboardとiPhone XS Maxをペアリングして入力しながらiPhone 6を参照系で使う。例えばメモアプリを使うときに過去に書いたメモを確認しながら新しいメモを書いたり、メモを見ながらリマインダーを作成するというのはよくあるユースケースだけど、一台の場合はアプリ間を行ったり来たりするのがiPhoneを使う上で一番面倒なところ。

2台が同じApple IDでログインしていれば、この点は見事に解消される。当然ユニバーサルクリップボードも使えるので、iPhone 6で表示しているテキストや画像をコピーしてiPhone XS MaxにコピーするといったiPadのSplitView的な使い方ができるので生産性はかなり向上する。

会議などでLightning - Digital AVアダプタとモニタに資料を表示するようなケースではiPhone 6で投影しながらiPhone XS Maxで議事メモを取るといったこともできるので、PCやMacだけを使うよりも便利。

iPadのSplitViewとは違って、同じアプリを同時に立ち上げることができるので、メールアプリやメモアプリなどを確認しながら、メールやチャットを返信したり、辞書を引きながら文章を書いたり、計算機で計算したりという作業ではかなり生産性が向上する。さらにApple Watchもあるので、最大で3つの画面を見ながら作業出来てしまう。

検証するにあたってiPhone 6のパフォーマンスに対する懸念点はあったけど、iOS12に更新した上で余計なアプリをインストールしなければ、かなり高速に動作するように感じる。4年も前に発売された機種なのに。

重量の観点で考えるとiPad Pro + SmartKeyboardが800g程度、iPhone XS Max + iPhone 6 + MagicKeyboardが600g程度なので若干軽くなる感じ。組み合わせも自由にできるので、全てを持ち出す日もあるしiPhone1台の時もある。管理する端末が増えるのは若干面倒だけど、バックアップ的な使い方もできるし、今となっては貴重な3.5mmのイヤフォンジャックも使えることを考えればiPhone2台持ちは多くのメリットが得られそうな感触。

子供がぐずった時にYouTubeを見せて機嫌を取るのにも2台あると二人で使えるのもいい感じ。

この組み合わせで使い出してからはiOSが苦手とするマルチタスクな作業系もストレスなくこなせるようになったので、i出番がかなり減っているiPadをどうしようかなと考えてるところ。