EPISODE 02

リモートワーク基盤構築の記録

Fire HD 10の音声入力

Fire HD 10を使っていて、何か物足りないと思ったら音声入力ができないこと。AmazonはせっかくAlexaというプラットフォームを持っているのだから、SiriやGoogle音声入力のように色んなアプリで使えればいいはずなんだけど、Fire HDには実装されていない様子。

2017年は本格的に音声入力を使い始めたのでなんとかしてFire HDでも利用したい。とはいっても、コマンドを使ってFire HDの操作をするのではなく、どちらかと言えばテキストさえ入力ができればいい。天気を調べたりSMSで返信したりリマインダーを作ったりするのはAmazon EchoやiPhone、AppleWatchの方が向いている気がしている。

Fire HDに直接音声入力するのは一旦諦めることにして、音声入力自体はSiriから行って、入力した音声をテキストとしてFire HDにリアルタイム表示できればいいのではないかと考えた。

試してみたのはDorpbox Paper。iPhoneはアプリをダウンロードして使うことができるけど、Fire HDのアプリストアには残念ながらアプリはリリースされていない。標準ブラウザからアクセスしても、アプリをインストールして使えと警告されるが、FirefoxでPCサイトモードをアクティブにすればエラーは出ずに利用することができる。

やりたいのはiPhoneのSiriから音声で入力した文字列をFire HDの画面に表示できればいいのでいつも通りiPhoneから音声入力してみる。

実際やってみると、期待したとおりリアルタイムでiPhoneから入力した音声入力のテキストがFire HDのブラウザ上に表示されることがわかった。音声入力時に気になるテイレンシも想定していたよりずっと少ない。iOSのiCloud連携もかなり高速だけど、同程度かそれ以上の速度で同期される。この辺はさすがDropboxといったところ。

もうひとつEvernoteでも同様に試してみたけど、同期までの時間が数秒から数十秒、場合によっては明示的に更新アイコンをタップしないと同期されないことがあるので、こちらは実用できではなさそう。EvernoteはAmazonのアプリストアにもネイティブアプリがリリースされていたので少し期待したけど、残念な結果だった。

Fire HDを縦にしてポートレートモードで全体を俯瞰しながらiPhoneで音声入力しつつBluetoothキーボードとマウスで編集できるのは思った以上に快適。タブレットの画面を汚さなくていいし。

DropboxなのでOSやプラットフォーム問わずに使えるのもメリット。欲を言えばiPhoneではなくAppleWatchとAirPodsの組み合わせで同じことができるといいけど。