EPISODE 02

リモートワーク基盤構築の記録

Apple Watch コスモスブルー クラシックバックルを購入

9月の末にApple Watch 3を購入して1ヶ月半、充電をしているとき以外は寝ているときも含めて装着しっぱなしで使っていることもあって、今となっては公私ともに無くてはならない存在。

ただ気になっているのは、標準のバンド。

本体に付属していたスポーツバンドのフォッグと別購入したブルーコバルトの2本使っているのだけど、どちらも安っぽいというか、オモチャみたいな質感なので、スーツはもちろん普段の服装にも合わせずらい印象。かといってランの時には汗でベトベトになる。スポーツバンドといっても思ったより用途が絞られるのかもしれない。

加えて早くもスレやテカリなどの劣化も見られるようになってきている。本革や金属とは異なり、樹脂の劣化は見るに耐えない。

といった背景もあり、今回新しいバンドを購入。選んだのはアップル純正のレザーバンド。

Hermèsのバンドも検討したけど、バンドだけHermèsにするのも何か違う気がするので、最近発売されたクラシックバックルを。

アップル曰く、

年月とともに自然な風格を増していくカーフレザーを使った、伝統的なデザインのバンドです。内側の素材とのコントラストがツートーンの印象的なルックを生み出し、エッジの部分に施された同色のステッチが繊細な美しさを加えています。スクエアバックルはスプリング式なので、バンドを簡単に差し込めます。ほかのApple Watchバンドと同じように、サイズが対応するApple Watchケースであれば、どれとでも組み合わせることができます。

とのこと。価格は15,800円なので、腕時計のバンドとしては高くもなく安くもなくといった価格帯。

オンラインのストアで購入したので、実物を触らないまま到着したけど、ステッチやコバも綺麗に処理されているので、見た目のチープ感は感じない。ステッチは革の色と同色。

革の質はイメージしていたより柔らかい革なので、腕時計の革バンドを変えた時のように馴染むまでの不快感はなさそう。

着けた感じはサラッとしていて、より腕時計に近い印象。やはりバンドで時計自体の印象はだいぶ変化する。

水や傷、スレには弱そうなので、スポーツバンドよりは気をつけて使う必要はあるけど、スポーツの時以外はレザーバンドを使っていきたい。

購入した当初は、なくても困らないガジェットだなという感想だったけど、使い始めると手放せなくなるのは、いつものアップルの戦略に踊らされているというか何というか。AirPodsとの連携やSiri、Apple Pay、音楽、ラジオなどiPhoneなしでも安心して外出できるというのは、久しぶりに生活が変わったなという実感がある。Apple Watchの売上が過去1年で50%以上増えたというのも理解できる。

iPhone Ⅹも良いデバイスだと思うけど、同じ金額のお金を使うならApple WatchとAirPods、iPad Proの組み合わせを検討した方が、充実した生活になるのかもしれない。

あとはwatchOS対応アプリの充実と、Siriがもっと賢くなることで、生活の中心がiPhoneからApple Watchにシフトしていくのでは、と考えている。