EPISODE 02

非ITエンジニアが取り組むリモートワーク基盤構築の記録

最近気に入っている自宅内モバイルの体制

なんだかんだでiPadを使ったワークスタイルは気に入っていて、出先はもちろん、自宅でもMacBookやSurface3を使う機会はほとんどなくなった。ダイニングテーブルで作業したり、疲れたらソファーに移動してそのまま作業を続けたりするのは、ノートPCより気軽にできる。電源も煩わしいコード類も不要で全てがワイヤレスで繋がっているのは想像したよりも快適。

特に最近気に入っているのは、iPadでブログやらの文章をキーボードを使って書きながら、NEXUS 6でメールとLINEを見つつ、リビングのテレビに接続されたAmazon FireTV StickにYouTubeの動画を映し出すスタイル。SpritViewも使えるので、NEXS 6含め同時に4つのアプリを使っているわけだ。

Amazon FireTV StickにYouTube動画を再生するにはAmazon FireTV Stick自体でYouTubeアプリを使う方法があるけど、あの小さなリモコンで検索したり操作したりするのは苦痛なこともあり、iPadのYouTubeアプリで再生しているものをテレビに映し出している。この場合YouTubeアプリはバックグラウンドで動作するため、iPadでは他のアプリを動かしてもYouTube再生が停止することはない。

操作方法は簡単で、Amazon FireTV Stickのストアからアプリをインストールしておき、


↑FireTV Stickのスクリーンショット


↑FireTV Stickのスクリーンショット

iPadでYouTubeアプリから動画を再生しAmazon FireTV Stickに映し出すだけ。


↑iPadのスクリーンショット


↑FireTV Stickのスクリーンショット

iPadとNEXUS 6とテレビの3つのスクリーンを同時に見るというのが目的ではなくて、アプリを切り替えることなく、作業を行い同時に必要な情報の把握ができるのが、いかに快適かということを改めて認識した。パソコンのデュアルディスプレイよりも生産性はたかそう。

このエントリーとはあまり関係ないけど、Amazon FireTV Stickでスクリーンショットを撮るときにAmazon FireTV Stick のOSがAndroidだったこと思い出した。adbでshellにログインできるので、こっちでも色々遊べそうな感触。