EPISODE 02

リモートワーク基盤構築の記録

iPadが紛失・盗難に遭った時のリモートマネジメント

組織が運用している端末が紛失・盗難に遭った際には、情報保護の観点から端末を遠隔でロックしたり、初期化したりする必要がある。管理者が対応できる時間帯であれば管理者に連絡して、プロファイルマネージャから遠隔操作することが可能であるが、夜間や休日の対応までは難しい。OS X Server.appのプロファイルマネージャでは、そういった事象を想定して、エンドユーザ自身で端末を遠隔操作するための管理画面が用意されている。

エンドユーザが遠隔操作できるコマンドは以下の通り

端末ロック:
端末ワイプ:

操作方法は、エンドユーザのパソコンやスマートフォンから、https://your domain.com/my devices/にアクセスしてユーザ名とパスワードでログインする。するとユーザが利用している端末が表示されるので、遠隔操作したい項目を選択し、指示を出す。

指示が端末に届くと、ステータスが更新される。


エンドユーザが対象のiPad以外のパソコンやスマートフォンを持っている前提であるが、エンドユーに遠隔操作権限を与えておくことで、緊急時に迅速な対応が可能になるはずだ。