読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EPISODE 02

非ITエンジニアが取り組むリモートワーク基盤構築の記録

Profile ManagerからiBooks、PDFをiPadのiBooksアプリに配信する

前回はアプリの配信まで検証できたので、今回はiBooksとPDFファイルをiPadのiBooksアプリに配信してみる。

前提条件

Server.appのプロファイルマネージャの設定が完了していること
iPadが監視対象に設定されていること

iBooks Storeで購入済みのファイルの配信も可能だが、今回は自分で作成したPDFファイルを配信した。なお自分で作成したiBooksファイルとPDFファイルの配信方法に差分はないため、手順はPDFで行っている。

PDF配信手順

1)ブラウザからプロファイルマネージャ管理画面にログインして、左画面からブックを選択。エンタープライズブックを追加をクリックして、作成したPDFファイルを選択する。

2)作成したファイルがプロファイルマネージャにアップロードされたことを確認する。

3)左画面から配信対象のデバイスを選択し、ブックタブをクリックして+をクリック。先ほど指定したファイルにチェックを入れOKをクリックする。

4)配信対象のiPadとファイルが正しいことを確認し保存をクリックする。

5)左画面から実行中のタスクをクリックするとファイルが配信されていることがわかる。

プロファイルマネージャ管理画面の作業を終えたらiPadでiBooksアプリを開くと、指定したファイルが配信されていることが確認できるはず。

作業自体はアプリの配信と変わらないためとても簡単。配信対象のiPadはデバイス指定だけではなく、グループ指定もできるので一斉配信などにも活用できそうだ。

不用になったファイルの削除もできるので、ユーザ側で意識することなく管理者側でのコンテンツ管理ができる。