EPISODE 02

非ITエンジニアが取り組むリモートワーク基盤構築の記録

OS X Server.appが提供するサービスをiPadに設定する

前回までで、Server.appの設定とプロファイルマネージャへの端末登録が完了したので、今回はServer.appが提供するサービスをiPadで利用するための設定を行う。

手順は以下の通り
HOME画面の「設定」をタップし「メール/連絡先/カレンダー」をタップする。「アカウントを追加」をタップして「その他」を選択。

「OS X Serverアカウントを追加」をタップして「その他」を選択。サーバの設定パラメータ入力画面が表示されるので以下を入力する。

ホスト名:yourdomain.com
ユーザ名:Server.appに登録したユーザ名
パスワード:Server.appに登録したパスワード
説明:自動入力

iPadで利用可能なサービス一覧が表示されたら保存をタップして完了。



これで、ファイル共有、メール、連絡先、カレンダー、リマインダー、メモ、VPNサービスがiPadに自動適用されている。各アプリに「アカウント情報」を個別設定する必要はないので、ユーザの設定作業は楽になる。
後は各アプリ内の設定をユーザが好みに応じて実施するだけ。Appleが提供するiCloudの設定と変わらない。

ただ残念なのは、メモアプリがApple Pencilに対応していないこと。Apple Pencilで書いたメモはiPadアカウントでしか利用できない様子。いずれアップデートで対応するかもしれないが、Apple Pencilで書いたメモがローカルでしか使えないのはひどく勿体無い。

VPNサービスは、設定>一般>VPNで設定済みのVPNを選択し編集をタップして、「すべての信号を送信」を入にすると、ブラウザを含む全通信がVPN経由となる。ネットワーク負荷とサーバ負荷を計測して大きく負荷がかかっていないようであれば、ONにしたままで運用したいと考えている。

次回はプロファイルマネージャを利用したアプリの配信と、iBooks、PDFの配信を検証する予定。