EPISODE 02

リモートワーク基盤構築の記録

LogicoolのFLOWというソリューション

ここ最近Windows10を利用する機会が増えている。Windows8がイマイチ好きになれなかったので、しばらくmacOSを使っていたけど、Windows10は大きな不満もなく快適に使えている。あえて不満点を上げるとすれば、ノートPCに搭載されたトラックパッドがMacBookに劣る点。仕方ないのでマウスの利用を検討し始めた。マウスとかキーボードというレガシーなデバイスって、あまりこれといった特徴もなく、決め手に欠けていた。そんな中でも面白そうなマウスが発売されていたのを見つけたので購入してみた。

購入したのは6月に発売されたLogicoolのM590 MULTI-DEVICE SILENTというもので、Logicoolのソフトウェアを利用し、複数台のPCやMacをシームレスに操作したり、クリップボードやファイルのコピーが可能になったりできる「FLOW」に対応したワイヤレスマウス。同時期にMX Master 2SとMX Anywhere 2Sというフラグシップモデルもリリースされていて、どれにするか少し迷ったが、店頭で触ってみたところ感触が一番良かったM590にしてみた。価格は4,000円。

マウスとしてのM590

f:id:bcorp:20170722120908j:plain

見た目は普通のマウスと大きな差分はない。本体サイズは64×40×103mm、単三電池を含む重量は101グラム。ボタンは7個となっていて、多すぎて操作に迷う印象は受けない。

f:id:bcorp:20170722120932j:plain

PCとMacへの接続はUnifyingもしくはBluetoothで行う。Unifyingのレシーバはマウス本体に内蔵されている。所持しているPCとMacのポートが全てUSB TypeCのみとなっていたため、今回はBluetoothのみで接続した。

使ってみてすぐに気が付くのが、静音性の高さ。MULTI-DEVICE SILENTと謳うだけあってあってクリック音はほとんど感じない。最初は違和感を覚えたけど、数分使えば慣れる。バッテリーライフについては、使い始めたばかりなので未知数だけど、公称値では最大24ヶ月となっているので、あまり気にする必要はないはず。ロゴがLogicoolではなくlogiとだけ記載されているのはLogitechブランドのグローバル版と共通化を図ったからか。

FLOWを使う理由

複数台のPCやMacを利用しているときにPC or Mac間でクリップボードを共有できれば便利なのにと感じるケースは多い。URLや数文字のテキストなど打ち直すのも面倒な内容だったり、その場限りで2度と使わないようなファイルだったり。こういうのは、クラウドを経由したり、メールで送ったりというのも少し違う。macOSやiOSで頻繁に利用するユニバーサルクリップボードやAirDropのような機能という理解。

FLOWを利用する上での前提条件

・Logicool Optionsが各端末にインストールされていること

・各端末が同一ネットワーク内に存在すること

・各端末とマウスがペアリングされていること

FLOWへの対応OSはWindows10、Windows 8、Windows 7、macOS 10.10以降となっていて、スマートデバイス系のOSには未対応。ただしマウスとして使うだけならAndroidにも対応している。

FLOWを使ってみる

FLOWを使うために取りあえず手元のHP FOLIOとMacBookとペアリングしてLogicool Optionsから初期設定する。

f:id:bcorp:20170722122241j:plain

問題なければ数分で設定が完了し使える環境になるはずだ。

f:id:bcorp:20170722121055j:plain

使い方はとても簡単でデュアルディスプレイを使っているのと同じ感覚で使える。設定も含めてユーザビリティは非常に高いと思う。

macOSとiOSのユニバーサルクリップボードよりも視覚でコピーされていることがわかるので、より使いやすいといった印象。初見でも戸惑うことはない。

キーボード

そうは言ってもマウスだけだどやっぱり片手落ちで、キーボードでも使いたくなる。ということで、FLOWに対応したK380も購入してみる。価格は4000円程度とマウスと変わらないが、M590の質感と比べると若干安っぽい印象はぬぐえない。

f:id:bcorp:20170722121113j:plain

こちらもPCとMacにペアリングしてみる。切り替えのトリガーは明確でマウスカーソルがある方が自動的にアクティブになる。能動的に切り替える必要はないし、切り替え時間もほとんど気にならないはずだ。

仮想環境での利用

Amzon WorkSpacesの仮想環境でも利用してみたが、もちろんマウスとしてはローカル環境でペアリングさせれば利用できる。ただし仮想環境上のOSにLogicool Optionsをインストールしてもデバイスは表示されないので、FLOWは利用できない。むしろセキュリティ的にはその方が良さそうな感じではあるが。

ということで、別になくても困らないけど、あると生産性が少し向上するな、という限られた用途かつ細かいソリューションといった感想。ただこういうピンポイントだけど、消耗していく作業を少しずつの改善で積み重ねていくのって大事。レガシーデバイスでも工夫次第で、まだまだ生産性を向上することができるということを再認識した。

残念なのはキーボードが玩具みたいなところか。もう少しクオリティが高いキーボードであれば常用したいのに。

Amazon WorkSpacesとAmazon Fire HD 8

新しいiPad ProやSurface Proの話題が多いけど、Amazonからもひっそりと新しいタブレットがリリースされていた。 価格も7,980円(プライム会員価格)と、iPadやSurfaceのレンジとは異なるが、あまり躊躇するような価格でもないので、さくっと購入してみる。午前中に注文して夕方には届くという相変わらずのデリバリーの迅速さ。

f:id:bcorp:20170703220414j:plain

スペックはそれなりだけど、価格も安いし用途を特定すれば快適に使えますよ、というのがコンセプトか。ケースなどのアクセサリの購入は無し。裸で持ち歩くことで壊れる危険もあるけど、神経使って保護するより壊れたら買い替えた方が良いだろうと。

項目 スペック
ディスプレイサイズ 8インチ HD
プロセッサ クアッドコア1.3GHz
ストレージ 16GB
microSDカードスロット 256GBまで
バッテリー 12時間
サイズ 214 x 128 x 9.7mm

購入したのは先日設定したAmazon WorkSpacesを使ってみたかったから。

www.episode02.com

特にこの端末でKindle本を読んだりプライムビデを観たりする予定もないのでストレージ容量は最小の16GBとした。本当はiPad Proで使いたかったけど、マウスが使えない時点で却下となった。Windowsはマウスの使用が前提だなと再認識。

Fire HD 8は届いた時点でAmazonのアカウントが設定されているため、初期設定はストアからクライアントアプリをインストールしてIDとパスなどアプリ内の設定を行うだけで、Desktopが表示される。外部入力に関してはBluetoothキーボードとマウスをFire HD 8とペアリングすることで、WorkSpaces側にも認識され違和感なく使うことができる。格安のWindowsタブレットのように動作がもっさりしているわけでもなく、Windowsはキビキビと動作してくれた。ノートPCでもMacでもタブレットでも全く同じ環境にアクセスできて、作業が継続できるのは素晴らしいという感想。

f:id:bcorp:20170703220444j:plain

タッチパネルなので、Officeに手書きでメモや落書きもできる。

f:id:bcorp:20170703220507p:plain

ディスプレイサイズは小さいし液晶の解像度も高くないので、今どきのノートPCと比べると作業効率は落ちる。そこで、外部ディスプレイへの出力を試そうと、エレコムのスリムポートアダプタケーブルを使ってHDMI出力を試してみたが残念ながら認識されず。格安シンクライアントのように使えるかと妄想したが、この辺はもう少し検証が必要。

取りあえず使えるということは認識できたが、実用に耐えられるかと言われれば、明確なユースケースは思いつかないかも。旅行や出張でノートPCは持ち運びたくないけど、緊急時だけDesktop環境が使えればいいとか、他の用途でFire HD 8を使っているユーザがDesktop環境にもアクセスしたいというのなら良いのかもしれない。

2017/07/06追記 懲りずに今度は10インチのAndroidタブレットで検証してみたくなり、色々検索してみたけど、現行のAndroidタブレットは選択肢が限られる様子。検証だけのために数万円出すのもあれなので、同僚が使っていたauのXperia Z4 Tabletを拝借してみる。仕様は以下の通りで、2年前に発売された機種だけどスペックとしては必要十分。専用のキーボードも発売されているそうだが、未購入のためBluetoothキーボードとマウスを使う。

項目 スペック
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約254 × 167 × 6.1 mm
重量 約393g
OS Android 5.0
CPU MSM8994 2.0GHz クアッドコア + 1.5GHz
ディスプレイサイズ 約10.1インチ
ディスプレイ最大表示色 約1,677万色
ディスプレイ解像度 1,600×2,560(WQXGA)

WorkSpacesへのアクセスはGoogle Playからアプリをダウンロードして、アプリ内設定を行うだけで設定につまずく要素は無くあっさりと使えるようになる。

f:id:bcorp:20170706095858j:plain

アプリの動作やマウスやキーボードの認識にも特に問題はなさそう。LTEでの応答時間はmsとこちらも十分なパフォーマンスだった。Amazon Fire HD 8とは異なり、ディスプレイ解像度も高く画面も大きいのでWindows10のノートPCと遜色なく利用で想定した以上に快適。MHL出力でHDMIに出力できるので外部ディスプレイに接続すればデスクトップ気分も味わえる。

f:id:bcorp:20170706095915j:plain

通信量について 試しにWorkSpaces経由でGoogle ChromeからYouTubeにアクセスしてHD画質の動画を見てみたけど3分くらいで100MB程度を消費していた。アプリケーションやオフィスのドキュメントなど大きなファイルをダウンロードしてWorkSpaces内で利用する分には画面転送だけなのであまり通信量は発生しないけど、動画はYouTubeのファイル+画面転送の容量が発生する様子。動画サイトは素直にローカルのクライアントアプリを使った方が良いだろう。

Amazon WorkSpacesを試す

検討事項が多すぎて、なかなか手を出しにくかったVDIだけど、AWSのWorkSpacesが無償で試せることを知り設定してみることにした。

Amazon WorkSpacesとは

Amazon WorkSpaces は、AWS で稼働する完全マネージド型でセキュアな DaaS (Desktop-as-a-Service) ソリューションです。Amazon WorkSpaces を使用すると、仮想クラウドベースの Microsoft Windows デスクトップを簡単にプロビジョニングし、ユーザーは必要なドキュメント、アプリケーション、リソースにサポートされている任意のデバイスから、いつでもどこでもアクセスできるようになります。

AWS マネジメントコンソールでは、クリック数回のみの操作で、ユーザー数に制限がない、高品質のクラウドデスクトップをデプロイできます。Amazon WorkSpaces では、起動した Amazon WorkSpace に対してのみ、月単位または時間単位で課金されます。従来のデスクトップ型やオンプレミスの Virtual Desktop Infrastructure (VDI) ソリューションに比べ、費用を削減できます。

公式サイトにはごちゃごちゃ書いてあるけど、要は自分のデスクトップがクラウド上で使えるというサービス。EvernoteやDropbox、Office365を使ったクラウド同期とかもいいけど、クライアントの数に制限があったり、設定が煩雑だったりで、どうせだったらデスクトップごとクラウドに置いておけば楽なんじゃない?というのと、個人的に最近のVDIってどんな感じなのかなという興味もある。

ということで早速設定してみる。ActiveDirectoryを使ったポリシー管理も細かくできるけど、今回はお試しなのでデスクトップだけを使ってみる。手順は多いけどポチポチしていくだけなので、1時間もかからず使い始めることができる。

前提条件は、AWSのアカウントを持っていることとうだけで、初期費用が発生したり特別な条件はない。

手順の概要

  1. AWSマネジメントコンソールのからディレクトリの作成
  2. ユーザの作成
  3. WorkSpacesの種類(Windowsの種類)の選択とWorkSpacesの起動
  4. クライアントアプリのダウンロードとアプリの設定
  5. WorkSpacesへクライアントからアクセス

1. ディレクトリの作成

選択できるディレクトリサービスは以下の3種類。

・Microsoft AD ・Simple AD ・AD Connector

f:id:bcorp:20170701160933j:plain

今回はとりあえずの検証なので、Simple ADを選択した。

ディレクトリサービスとVPCの詳細設定。ここは適当な値を入れればOK。

f:id:bcorp:20170701161108j:plain

ディレクトリサービスを確認してSimple ADを作成をクリックする。

f:id:bcorp:20170701161306j:plain

作成したディレクトリが表示されるので、作成したディレクトリを選択してNext Stepをクリック。

f:id:bcorp:20170701161405j:plain

2. ユーザの作成

WorkSpacesで利用するユーザの設定をする。ここも適当に入力して良いが、EmailにRegistration Codeが飛んでくるので受信できるものを設定しておく。

f:id:bcorp:20170701161455j:plain

なお初期では20ユーザまでしか登録できないとのこと。また1ユーザで複数のWorkSpacesを利用することもできない。従ってユーザ数=WorkSpacesの契約数となる。

3. WorkSpacesの種類(Windowsの種類)の選択

WorkSpacesの種類はいくつか選択できる。大きくはWindows10、Windows7を選択して、CPUタイプと、Memory、Storage容量、GPU、Officeの有無などを選んでいく。

f:id:bcorp:20170701161522j:plain

オンラインでPCを購入するのと変わらない感覚で選べばよいと思う。今回はフリートライアルのStanadrd with Windows10を選択した。

通常料金は月額固定で、47USD、時間課金では14.00 USD/月 + 0.40 USD/時となっている。言語は日本語と英語が選べるので、今回は日本語を選択する。

簡単なコンフィグを設定する。

f:id:bcorp:20170701161545j:plain

AlwaysOnは月額の利用料金が請求されどれだけ利用しても固定の費用となる。AutoStopは時間課金となり利用時間に応じて課金される。ここではAutoStopを選択。

暗号化とWorkSpacesのタグ設定もここでできる。今回は必要ないので、デフォルト値のままとした。

ここまでできたら後はWorkSpacesを立ち上げるだけ。約20分程度でアクティブになるはず。立ち上がると作成したWorkSpacesの詳細が確認できるようになる。

f:id:bcorp:20170701161857j:plain

4. クライアントアプリのダウンロード

WorkSpacesが立ち上がると同時にユーザ作成時に登録したメールアドレス宛にRegistration Codeとクライアントアプリのダウンロード先URLが記載されたものがAWSから届く。

ユーザが、利用するクライアント端末からURLにアクセスすると、OS選択画面が表示されるのでアクセスした端末に該当するアプリをダウンロードする。

f:id:bcorp:20170701161952j:plain

アプリをインストールしたら、メールに記載されたRegistration Codeを入力する。

f:id:bcorp:20170701162045j:plain

ユーザ名とパスワードはユーザ作成手順で登録したものを入力しサインインする。

f:id:bcorp:20170701162104j:plain

またアプリではネットワークステータスも見られるので、接続できないなどの切り分け時に利用できるはず。

f:id:bcorp:20170701162143j:plain

往復時間の値は少なければ少ないほどレイテンシも少なくなるようだが、250ms以下であれば接続可能、100ms以下であれば快適に使えるとのこと。試しに都内からWiMAXで接続したら19msで、自宅の光回線では4msだったので、AWS東京リージョンと首都圏という組み合わせであれば、モバイルでも問題なく利用できるはず。

5. WorkSpacesへクライアントからアクセス

クライアントアプリの設定に問題がなければ1分くらいでデスクトップが表示される。

f:id:bcorp:20170701162208j:plain

Windowsのエディションとスペックとか

システムのバージョン情報を確認すると、WindowsのエディションはWindows Server 2016 Datacenter 64bit、プロセッサはIntel Xeon ES-2676 @2.4GHz、メモリは4GBとなっていて、ペンとタッチパネルにも対応している。当然だがWindows10そのものではない。

f:id:bcorp:20170701162227j:plain

アプリ

前述のとおりWindows10ではないので、標準でインストールされているアプリは少ない。OneDriveやEdgeはプリインストールされておらず、デフォルトのブラウザはFireFoxとなっていた。なおServer OSのため、インストールできるアプリに制限がある可能性も想定されたが、取りあえずは大丈夫そうな感触。

f:id:bcorp:20170701162245j:plain

Office 365 solo 64bit OK

Evernote OK

Google Chrome OK

iTunes OK

Geekbench 4 OK

VisualStudio2017 OK

VisualStudion Code OK

ベンチマーク

Geekbench 4で計測した結果は以下の通りで、5年位前のノートPC程度となっている。スコアだけでみると最近のスマートフォンの方が良いのかも。

Single-Core Score 3016 Multi-Core Score 5533

f:id:bcorp:20170701162327j:plain

WorkSpacesからインターネットへの通信速度はかなり体感でもかなり高速だ。

f:id:bcorp:20170701162351j:plain

実際に計ってみると、下りが600Mbps、上りが240Mbpsは出ているので、不足を感じることはない。ただしWorkSpacesからインターネットへの通信費用は別途請求(普通に使っている分には気になるほどではない)されるので、大規模な移行を検討するときは考慮する必要はある。

試しにGoogle Mapsにブラウザからアクセスして、現在位置情報を取得してみたが、クライアント端末の位置情報は取得できなかった。

f:id:bcorp:20170701162414j:plain

港区からアクセスして表示されたのは都庁付近という結果。この現在位置がAWSのデータセンタの場所なのかダミーの位置情報なのかは不明。そのため位置情報を使ったアプリやサービスをWorkSpacesで使うのには何かしら考慮する必要はある。

周辺機器

・クライアントPCの標準キーボード、トラックパッドは普通に認識

・クライアントPCに接続したBluetoothキーボード、マウスも同様に利用可能

・PCに接続したiPhoneは認識せず

・プリンタはクライアントPCに設定されたプリンタが利用できた

・Surface3のSurfaceペンは利用できて、手書きも認識してくれる

・ノートPCに接続された外付けモニタも当然利用できる

・YouTubeの視聴は音声はローカルPCから出力され遅延も意識しなければほとんど気にならないが、動画の編集などで音声と映像にズレが生じることはあるのかもしれない。

レイテンシ

ほとんど気にならない。むしろかなり快適ではないか。RemoteDesktop接続のようにフォントが乱れたり、接続が不安定になったりするようなことはない。Windows10のPCからアクセスすると、WorkSpaceなのかクライアントPCのデスクトップなのかわからなくなり軽く混乱する程度に快適。

ディスクスペース

無料枠では50GBまでのストレージしか使えないので、OneDriveやDropboxを同期させることは難しい。ディスクスペースはAWSのWorkDocsを使うことを想定しているはずなので、本気で使うならばWorkDocksを使った運用に切り替えるなどの検討はした方がよさそうだ。ストレージ費用は1TBあたり2USD/月と格安。

感想

WorkSpacesとクライアント端末の間は画像が転送されるだけなので、クライアント端末のスペックを気にせずに自分のデスクトップ環境がいつでもどこでも利用できる安心感はある。クライアント端末にアプリだけインストールすれば使えるので、自分の好みのPCやMacを買ってプライベートはローカル環境で、仕事の時はWorkSpacesを使うといったユースケースにもあっている気がする。(逆も同様)BYODと仮想化されたデスクトップを提供することで、物理的なキッティング作業や、故障、紛失、盗難などの対策も楽になるような印象。

VDIソリューションはとにかく初期の構築コストやランニングコストが高く個人で簡単に導入できるようなものではなかったけど、WorkSpacesはマネージドされたサービスなので、初期費用も全く発生しない、サーバ運用もAWSが勝手にやってくれるので、スケールアップやメンテナンスなども手間もない。Windowsデスクトップをひとつのアプリ(サービス)のように手軽に利用できる。マシンスペックが不足するようであればポチポチと変更するだけなので、わざわざ買い替えたりパーツを変更する手間も削減できそう。

まだ使い始めてからの時間が短いのであまりデメリットは見つけられていない。もう少し使い込んでから改めて使い勝手についてはエントリしたいと思う。

そういえば、Windows10 on Azureが一時期話題になったがその後どうなったのだろうか。